Chibi-tech

chibitech

ジェイリン・ニスペロス、人呼んで「チビテク」は日本住まいアメリカ人のゲーム音楽家とサウンドデザイナー。古いパソコンとゲーム機の長い経験と共に、サウンドチップの限界を挑戦するのが大好き。楽器と音楽ジャンルの幅広い知識使って、びっくりするくらいリアルに聞こえる部分あるチップチューン音楽作るのは得意です。基本のウェブフォーム利用してアコースティック楽器から、打楽器、有名なシンセサイザーの複雑サウンド、色んなボーカルの種類まで、色んなサウンドの再現できます。 後、チビテクは色んな趣味を持ってる立派なおたくです。そのおたくの趣味はよく彼女が作ってる音楽に笑える、びっくりする、可笑しいな影響あります。でももっとも、彼女が作ってる音楽は聞いてる人それぞれに素敵と忘れない印象残って欲しいです。

Official SiteTwitter | Bandcamp | Soundcloud

 

Tappy

tappy
“Famicompo (mini)Vol.4″より始動。

馴染みのピコピコ音からフェティッシュなサウンドまで
実チップで鳴ることを想定した音作りは下町屈指。

使用機材はX68k、音源モジュールG.I.M.I.Cを始め、ファミコン、MSX等。

Chiptune Live

Lo-bit Playground を皮切りに、スクエアサウンズ東京2014前夜祭、CHIPorDIE 2015、Famicom Madnes 他

制作者としては、同人FCソフト”キラキラスターナイト”、WebTV “Diggin’ in the Carts” 他、現在も水面下でプロジェクト進行中。

Twitter

 

Chip Tanaka

artist_chiptanaka_big

2007年、新木場STUDIO COASTで開催された「EXTRA ~HYPER GAME MUSIC EVENT 2007」のDJステージに参加。往年のファミコンサウンドを自らRemixし好評を博す。 2014年発売 任天堂3DS/WiiU「大乱闘スマッシュブラザーズ」に参加し「Hirokazu Tanaka.ex」名義で久しぶりにゲーム音楽の編曲を担当。
最近では「大人ブランコ」「Chip tanaka」「Acerola Beach」名義で都内クラブでのイベントに参加するなどDJライブ活動も行っている。

Official Site

Storz

Storz

1992年生まれのゲームボーイ音楽家。
2007年よりトラックメイキングを開始。
Speedcoreなどのハードコアテクノに傾倒し、初期衝動のままにチェコのスピードコアレーベル”Splitterblast”にてコンピレーションアルバムへの参加を重ねる。
その後日本のブレイクコアネットレーベル”Otherman Records”より初EPをリリース。また、ライブではその破壊的なパフォーマンスにより注目を浴びた。
ゲームボーイとLSDjを友人から譲り受けてからは全てが一変し、現在はゲームボーイで最新のベースミュージックを追い求めている。
福岡のチップチューンアーティスト、gigandectとのユニット”Voltarenz”としても活動。

Links

Official Site | Twitter | Soundcloud

Sharaku Kobayashi

Sharaku_Kobayashi

日本のテクノポップユニットとして、最高峰のひとつであるFLOPPY。そのFLOPPYのヴォーカリスト兼サウンドクリエイターである小林写楽が、得意の8bitサウンドをさらに追求すべく、2015年よりソロ活動を開始した。チップチューンを演奏する時の名義「Sharaku Kobayashi」は、海外での活動を念頭にし、あえて英字表記に。また、着物を衣装に採用したり、和風のメロディーを織り交ぜることで「MADE IN JAPAN」を強調させている。楽器を持たない専任ヴォーカリストとしての活躍時期も長く、ステージパフォーマンスは実に堂々としたもの。客席を沸かせることのできる数少ないエレクトロアーティストとして注目を集め続けている。

Links

Twitter | Beat Surfers | Facebook | Blog